top of page

「今、ここ」を感じるワーク


何か不安なことを考え続けてしまうとき、気がかりに答えを出したくて、集中しすぎてそこから離れられなくなったとき、「今、ここ」を感じるワークをしてみましょう。


【1】「何が見える?」とあなたの周りに見えるものを目と首を動かしながら、3つ見つけます。窓の外が見える人は、遠くのビルが見えたり、山なみが見えたり、空が見えるところでは遠くの星が見えたり、意識の視野がサーっと広がります。


【2】次に「何が聞こえる?」とあなたの周りの音を3つ拾ってみてください。耳をそばだてながら・・と言われた瞬間に、聴覚集中モードに切り替わったでしょうか。室外にいる人の気配、窓の外から聞こえる車の音、もしも、どうしても静かな部屋ならば、自分の姿勢を変えるだけでワサっと衣服の擦れる音がしたり、椅子のきしむ音がしたりしますので、自分で音を作ってみてください。おおむね、意識の範囲が数十メートル以内に狭まります。


【3】次に「何を私は感じている?」と、自分の体の表面で感じている感覚に注意をむけ、3つ探します。ウエストのあたりにほんの少しの圧迫を感じることとか、首元にシャツの襟が当たっているのを感じるとか、足の裏が床に触れている感覚とか、眼鏡のフレームが耳に当たっている感覚や部屋の湿気や温度だけでなく、身体のどこかに湿っぽい部分があることなど、小さな気づきを探します。また、体の表面には皮膚で感じる触覚だけでなく、嗅覚を感じる鼻の穴がありますし、口の中も皮膚に連なるところとして舌(味覚)があります。それらで感じるものにも注意を向けます。さっき食べたもののカスが歯の間に挟まっているのに気づいたり、かすかな部屋の臭いや洋服の柔軟仕上げ剤の香りに気づいたり、、、すなわち、視覚・聴覚以外の五感をこの3番目の場面で見つけてみてください。慣れないと気づかないのがこの感覚ですので、丁寧に見つけてみてください。


ゆっくりと、この「何が見える?」「何が聞こえる?」「何を私は感じている?」を3つずつ見つけていきます。


【4】次に、「何が見える?」「何が聞こえる?」「何を私は感じている?」を同様に2つずつ見つけていきます。前に見つけたもの以外を探すようにしてみてください。


【5】そして、最後に「何が見える?」「何が聞こえる?」「何を私は感じている?」を1つずつ見つけていきます。