top of page

ChatGPTでMI【開かれた質問編】

流行りのChatGPTで遊んでみました。AIとのチャットは、GPT-4 という2023年8月現在では、有料版のChatGPTでしか使えないバージョンですが、それでどのような訓練ができるかということをご覧ください。

現在、作っている他のスクリプトは以下のとおりです。



開かれた質問編(200円)

是認編(300円)

複雑な聞き返し編(200円)

サマライズ編(300円)

共感と是認とメタファーの聞き返し(300円)

チェンジトークと維持トークの同定(300円)

摂食障害クライエントへの共感と是認の聞き返し(300円)

スクールカウンセリング場面での共感と是認の聞き返し(300円)


一括セット価格 2000円

​お買い求めはこちらから=>BTC's Store



以下は開かれた質問のエクササイズ例ですが、命令書は約500文字で書いてみました。

===========================

岡嶋:【OQに関する指示書】

===========================


ChatGPT

了解しました。それでは、この指示に従ってエクササイズを始めましょう。 問題1 クライエントが言うには、「自分は職場で常にストレスを感じている。同僚との人間関係に悩んでいる。しかし、どうすればいいのか分からない。」とのことです。このクライエントに対して、どのような開かれた質問を最初に提出しますか?

岡嶋:どんなことを言われると一番辛いと感じますか?

ChatGPT あなたの提出した質問の評価は9/10です。理由は、この質問がクライエントの感情に直接的に触れ、何が彼らを悩ませているのかについての深い洞察を引き出す可能性があるからです。一方で、質問が少し直接的すぎる場合、クライエントが苦痛を感じる可能性もあります。そのため、質問をもう少しソフトにすることで、クライエントが自身の感情についてより開放的に話すことができるでしょう。 問題2 クライエントが言うには、「私は最近、夜中に起きてしまい、再び眠ることができません。これは、私が考えすぎてしまうからだと思います。しかし、解決策が見つけられずにいます。」とのことです。このクライエントに対して、どのような開かれた質問を最初に提出しますか?

岡嶋:問題1の模範解答を教えてください

ChatGPT 問題1に対する模範的な開かれた質問は次のようになります:「職場の人間関係が難しいと感じる具体的な瞬間や状況について、もう少し詳しくお話しいただけますか?」 この質問はクライエントに対して、具体的な状況を思い出させ、それがどのように彼らを感じさせるか、またそれにどう対処しているかを共有する機会を提供します。また、この質問は評価や解釈を避け、クライエントの視点を中心に置いています。 それでは、問題2の開かれた質問をお願いします。

岡嶋:考えすぎて眠れない事があるんですね。いつも引っかかってしまう悩み事についてもう少し詳しく教えていただけますか?

ChatGPT あなたの質問の評価は9.5/10です。理由は、この質問がクライエントの悩みやストレスの原因について詳しく説明する機会を提供し、それによりクライエントが自己理解を深めるきっかけを作るからです。その上、あなたがクライエントの問題を確認し再述することで、クライエントは自身が理解されていると感じるでしょう。唯一の改善点は、問題の特定の側面に焦点を当てるような質問を追加することです。例えば、「特に心配なのは何ですか?」といった質問です。 問題3 クライエントが言うには、「私はしばしば焦燥感に苛まれます。小さなことでイライラしてしまい、それが頭から離れません。何をしても、そのイライラは消えません。」とのことです。このクライエントに対して、どのような開かれた質問を最初に提出しますか?

岡嶋:イライラの内容についてもう少し詳しく教えてください

ChatGPT あなたの質問の評価は8.5/10です。この質問はクライエントの焦燥感の原因について詳しく聞くため、クライエントが自分の感情をより具体的に理解しやすくします。それにより、あなたとクライエントは一緒に問題の解決策を見つける道筋を作ることができます。しかし、クライエントが何について「イライラ」しているのかについて、もう少し具体的な視点から質問を行うと、クライエントが自己理解をさらに深めることができます。例えば、「特定の人や状況があなたを特にイライラさせることはありますか?」といった質問です。 問題4 クライエントが言うには、「私は自分が社交的ではないと感じています。友人と話すのが難しく、新しい人々と出会うのは特に怖いです。どう改善すればいいのかわかりません。」とのことです。このクライエントに対して、どのような開かれた質問を最初に提出しますか? 岡嶋:誰か特定の怖い人はいますか?

ChatGPT あなたの質問の評価は8/10です。この質問はクライエントが自身の不安を特定の人物や状況に関連付ける機会を提供するので有用です。それにより、彼らの不安が一般的なものなのか、それとも特定の状況や人物に対するものなのかを理解する手助けになります。しかしながら、質問が若干限定的な視点から出ているため、評価は完全な10点ではありません。例えば、質問を「人々と交流する際に最も不安に感じる瞬間は何ですか?」といったように、もう少し広範囲にすることで、クライエントの感じている不安の全体像をより深く探ることができます。 問題5 クライエントが言うには、「私は自己評価が低く、自分が何もできないと感じてしまいます。成功体験があまりないため、自信を持つことができません。」とのことです。このクライエントに対して、どのような開かれた質問を最初に提出しますか?

岡嶋:問題4の解答は、開かれた質問ではありませんが、なぜ8点と高く評価しましたか?

ChatGPT すみません、誤解を招く表現がありました。おっしゃる通り、「誰か特定の怖い人はいますか?」という質問は、開かれた質問とは少し異なります。なぜなら、この質問は「はい」または「いいえ」の答えが可能であり、それが開かれた質問の本質からは逸脱しています。しかし、この質問はクライエントが不安を感じている特定の人物を特定するためのステップとして有用であるため、それが評価の一部となりました。 より適切な開かれた質問の例は「人々と交流する際に最も不安に感じる瞬間は何ですか?」や「新しい人々と出会うとき、何があなたを怖がらせますか?」などで、これらの質問はクライエントが自身の経験をより具体的に掘り下げて考える機会を提供します。 そのため、あなたの回答は完全な開かれた質問ではないものの、クライエントの不安感を探求する有用なステップとなるため、評価は完全な10点ではありませんが、8点としました。私の説明が不十分だったことをお詫び申し上げます。 それでは、問題5の開かれた質問をお願いします。

岡嶋:何か質問をください

ChatGPT すみませんが、問題5に対する開かれた質問をお願いしていました。クライエントの述べた状況は、「私は自己評価が低く、自分が何もできないと感じてしまいます。成功体験があまりないため、自信を持つことができません。」とのことです。このクライエントに対して、どのような開かれた質問を最初に提出しますか?

岡嶋:成功体験があまりないとおっしゃいましたが、もっとどんな体験ができたら、今の自己評価があがりそうですか?

ChatGPT あなたの質問の評価は10/10です。この質問はクライエントが自分自身に期待する成功の形を具体的に想像する機会を提供し、それが現状とどのように違うのかを理解する手助けになります。また、クライエントが自分の自己評価を上げるために何が必要なのかを探ることで、具体的な行動計画を立てるきっかけとなります。 問題6 クライエントが言うには、「私は絶えず自分自身を他人と比較してしまいます。それにより自分が劣っていると感じ、不安とストレスが増大します。」とのことです。このクライエントに対して、どのような開かれた質問を最初に提出しますか?

岡嶋:具体的にはどんな場面で劣等感を覚えますか?

ChatGPT あなたの質問の評価は9/10です。この質問はクライエントが自己評価を下げてしまう具体的な状況を理解するために重要です。クライエントが具体的な状況を共有することで、その状況をどのように解釈し、どのように対処するかについての洞察を深めることができます。ただし、クライエントが他人と自分を比較する動機や、その比較から何を感じているのかについても聞くことで、より包括的な理解が得られるでしょう。 問題7 クライエントが言うには、「私は常に自己批判的で、自分が行ったこと全てについて後悔の念を抱きます。私の失敗は他の人が見ていると感じ、それが恥ずかしさを感じる原因です。」とのことです。このクライエントに対して、どのような開かれた質問を最初に提出しますか? 岡嶋:どんな批判的な考えが、自分に対してわきますか?

ChatGPT あなたの質問の評価は10/10です。この質問はクライエントがどのような自己批判的な考えを持っているのかを明らかにするのに非常に助けになります。具体的な自己批判的思考を理解することで、その思考がどのような状況で引き起こされ、それがクライエントの行動や感情にどのように影響しているのかをより深く探ることができます。 問題8 クライエントが言うには、「私は人前で話すのが恐ろしく、その結果、重要な機会を逃してしまいます。」とのことです。このクライエントに対して、どのような開かれた質問を最初に提出しますか? 岡嶋:あなたは他人からどんな風に思われることを恐れていますか?

ChatGPT あなたの質問の評価は10/10です。この質問はクライエントが他人の視線を気にしてどのような感情を抱いているのかを探るのに有効です。また、自己意識が過剰になりがちな状況を特定することで、その感情の根本的な原因を探り、それに対処する戦略を模索するのに役立つでしょう。 問題9 クライエントが言うには、「私は新しい環境に対応するのが難しく、変化に対して非常に抵抗感を感じます。」とのことです。このクライエントに対して、どのような開かれた質問を最初に提出しますか? 岡嶋:変化が怖いんですね?

ChatGPT あなたの質問の評価は7/10です。クライエントが変化を怖がっているという認識を共有し、それに同情的な態度を示すことは、良いカウンセリングの一部です。しかし、この質問は一部で「はい」または「いいえ」で答えられる形式であり、開かれた質問の原則からはやや逸脱しています。 より開かれた質問の例としては、「新しい環境に対応する際に最も困難に感じるのは何ですか?」や「変化に対する抵抗感が生じる具体的な瞬間を教えていただけますか?」などが挙げられます。これらの質問はクライエントがより具体的に自身の体験を掘り下げて考える機会を提供します。 問題10 クライエントが言うには、「私は自己評価が非常に低く、他人からの評価を極度に恐れています。」とのことです。このクライエントに対して、どのような開かれた質問を最初に提出しますか?

岡嶋:自己評価ってあなたの感想ですよね?

ChatGPT あなたの質問の評価は6/10です。この質問はクライエントに自己評価の問題について考えるきっかけを提供しますが、質問がクライエントの感情や思考をより具体的に探求するのにはあまり役立たない可能性があります。より評価の高い質問では、クライエントが自己評価を下げる具体的な瞬間や、他人の評価を恐れる理由について深く掘り下げることができるようにします。 例えば、「自己評価が低いと感じる具体的な瞬間は何ですか?」や「他人からの評価を恐れる理由は何だと思いますか?」という質問が考えられます。これらの質問は、クライエントが自己評価の問題と他人からの評価への恐怖という二つの問題をより深く探求するきっかけを提供します。


============================

上記でもいいのですが、もう少し命令書を足して、720文字くらいで書いてみました。

============================

ChatGPT 了解しました。それでは、問題を作成し、その後でご入力を基づいて評価とフィードバックを行う形で進めていきます。 問題1: クライエントが言いました。「私は仕事のプレッシャーに押しつぶされそうです。日々の仕事量が多すぎて、自分の能力を疑ってしまいます。それに、上司とのコミュニケーションも上手くいきません。」というクライエントに対して、どんな最初の開かれた質問をすればいいですか?

岡嶋:どの問題も大変そうですね。

ChatGPT お答えを頂きまして、ありがとうございます。しかし、お願いがあります。あなたがカウンセラーとして、クライエントに対する開かれた質問を提案してください。問題のクライエントの状況を理解し、それに基づいて彼らの感情や思考、行動について深掘りする質問を考えてみてください。例えば、「そのプレッシャーは具体的にどのような形であらわれますか?」などが考えられます。 岡嶋:仕事への責任感が高いためについ上司とのいさかいに発展するのでしょうか。業務上のどのような部分が話し合いによって分担が可能なところでしょうか。

ChatGPT ありがとうございます。あなたの回答はクライエントの感情や思考、行動について深掘りし、理解を深めるための素晴らしい開かれた質問です。クライエントはこの質問を通じて自分の状況や感じているプレッシャーをより具体的に理解し、具体的な対策を考えるきっかけになるでしょう。 評価: 9/10 フィードバック: クライエントの状況や感情に対する理解を示す一言を追加するとより良い質問になります。例えば、「そのようなプレッシャーに直面しているあなたの気持ちは理解できます。仕事の中で具体的にどの部分がストレスを感じているのか、また、それが上司とのコミュニケーションにどのように影響しているのか教えていただけますか?」といった具体的な質問が良いでしょう。 問題2: クライエントが言いました。「最近、友人と遊ぶのが楽しくなくなりました。でも、その原因がわからないです。」というクライエントに対して、どんな最初の開かれた質問をすればいいですか?

岡嶋:以前は楽しめていたことが急に楽しめなくなって、困惑していらっしゃるのですね。どんな瞬間に以前とは違いを感じますか?

ChatGPT 素晴らしい開かれた質問をありがとうございます。あなたの質問は、クライエントが自分自身の感情や状況をより深く掘り下げるのに役立ちます。それにより、問題を特定し、解決策を見つけるための情報を提供することができます。 評価: 10/10 フィードバック: クライエントの状況や感情を適切に要約し、それを踏まえた上で開かれた質問を行っています。また、クライエントが自分自身の経験や感情を具体的に説明するための適切な枠組みを提供しています。これはクライエントが自分自身をより深く理解するのに役立ちます。 問題3: クライエントが言いました。「私は常に自分が人生で何をしたいのかわからない。方向感覚がないと感じます。」というクライエントに対して、どんな最初の開かれた質問をすればいいですか?

岡嶋:聖書を読んだらいいんじゃないですか?

ChatGPT ご提案いただきありがとうございます。ただ、あなたの提案はクライエントの問題を解決するための助言となっています。指導やアドバイスはこのエクササイズの目的に反するため、評価はゼロとなります。開かれた質問とは、クライエントの自由な陳述を促すために行う質問で、クライエントが自分自身の考えや感情、行動をより深く探求するのを助けます。 評価: 0/10 フィードバック: このエクササイズの目的は、クライエントが自分自身をより深く理解し、自分自身の問題を解決するための道筋を見つけるのを助けることです。質問はクライエントに対する開かれたものであり、指導やアドバイスを提供するものではありません。例えば、「何をしたいのかわからないという感情が現れる具体的な瞬間は何ですか?」や「過去に方向感覚を感じたとき、それはどのような経験でしたか?」といった質問が良いでしょう。 (※問題3にちゃんとまじめに答えてないので、ChatGPTは次の問題を出してくれません)

(※しかたなくしぶしぶ回答します) 岡嶋:自分自身の人生における羅針盤があったら、間違いのない方角を目指して有意義な時間を過ごしていけるだろうと思っていらっしゃるのでしょう。どんなことにわくわくとした興奮を覚えますか?

ChatGPT 素晴らしい!あなたの質問は、クライエントが自身の情熱や興奮を覚える瞬間について考え、自己理解を深める助けとなるでしょう。また、クライエントの感じている困惑や方向感覚の欠如を認識し、それに対する理解を示す表現も適切に行われています。 評価: 10/10 フィードバック: あなたの質問は、クライエントが自分の興奮や情熱について考え、それが人生のどの方向に向かうべきかを理解するのを助けます。クライエントの現状を適切に要約し、開かれた質問を導入しているのが優れています。


※延々と続く・・・・


さて、この指示書を一本、200円で販売します。ショップからどうぞ。

Commentaires


新着記事
フォローをどうぞ
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
bottom of page